since 2007.8 by K-ichi

目覚ましテレビMOTTOいまドキコーナーで、卓上の綿菓子製造機が出ていた。
おもちゃの綿菓子製造機など、さして珍しくもない、と思いきや、綿菓子の材料は飴玉とのこと。

綿菓子は、中央の容器でザラメを熱して溶かし、それを回転させることで容器に開いた小穴から噴出させ、冷却することで繊維状にする。原理は難しくなく、自作でやってる話もたくさんある。
そのザラメの代わりに飴玉を使う、聞いてしまえばなんてことはないが、しかしgood idea。好きな味、香りの綿菓子が楽しめる。

ネットを浚ってみると2種類ほどあるようだ。

わたあめ職人」は1万円程度。
夜店の綿菓子製造機の面影を残している。うんと小型にして、ザラメの代わりに飴玉を入れてくれ、という感じ。
あめdeわたあめ」は1万5000円程度。
中央の飴玉入れに蓋を付けるなどして、より安全に作られているようだ。目覚ましテレビで紹介されていたのはこちら。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ