since 2007.8 by K-ichi

 


地上軌跡予報

天球図予報
5月30日、イリジウム96が地球に還った。
その20日ほど前の5月11日、高度を下げたこの衛星と、おなじみのTELKOM3とが、低空をカッ飛びながら千葉県沖でクロスしていくパスがあった。薄明中とはいえ、なかなか無い好条件。
やや遠目の浜松からも、おおむね2等、明るいときは0等クラスと、ゆっくり増減光しながら飛ぶ姿が見られた。

なお、Iridium96はこれが見納めになったが、TELKOM3もあと1年ほどらしい。

冒頭は、Heavens-Aboveの予報を合成したもの。予報光度は、Iridium96が3.2等、TELKOM3が2.6等。
地上軌跡では、ほぼ同時刻に千葉県沖でクロスしているのがわかる。ほぼ真北に向かうのがIridium96。
天球図(観測地は浜松)では、春の大三角を駆け抜ける様子がわかる。真北へ向かい、スピカとアークツルスをかすめていくのがIridium96。

 

定説は覆るもの。


金銀パール……じゃない
ダイソーのジャム瓶たち
まとまった収穫物があり、ネットでジャム瓶を物色。
190ml瓶は、カインズの98円(ジャム200)を以前から使っていた。コメリなら、同様のものは85円、さらには92円の255ml瓶(ジャムビン 255ml キャップ付)もあるらしい。さすがは農家のホムセン、コメリ。
ただしこれらには、キャップにペコ(セーフティボタン)が付いてない。

家のストックはどうかと探ってみると、ペコ付きの良さげなブツを発見。ダイソーとある。これを検索にかけてみると、じつに散々な評判。総じてジャム瓶に非ず
ところがネット情報に反して、キャップにはパッキンが付いている。
MADE IN JAPAN
: 日本製 :
と大書きもしてある。どうにも使えそうな気がしたので、大型の250mlタイプを入手してみた。

冒頭写真がそれ。110円商品で、品名は「ツイストキャップアソート/Twist Cap(Assorted)」。よくよく見れば、ネット情報のものは「ガラスポット/Glass Container」とある。……別物か?

 


リムーバブル ディスク
 リムーバブル ディスク
  リムーバブル……
何かのついでについてくる、SDカードリーダ。100均で買えるまでに安くなって、PCにはFDDの代わりに、ディスプレイやプリンタにもスロットがついている。
オマケはありがたいのだが、Explorerを開くと「リムーバブル ディスク」のオンパレードになってしまう。カメラなど、普段使わないものをつなげばさらに増える。

挿してもなかなか反映されないと、壊れたのか接触不良なのかメディア非対応なのか、はたまた停止しているのか……設定など確認しようにも、どのドライブがどの口なのかも判らない。
ならば予め名前をつけておこうとネットを浚ってみたのだが、「ドライブレターの変更(固定)」と「ボリュームラベルの変更」しか見当たらない。ググる先生も役に立たないことがある。
実際には、ボリューム名が空でも名前が変えられた経験があったので、その方法を再確認、再現性を確保し、備忘として置いておく。

 

キイチゴ類は一般に、春先にシュートを伸ばし、夏に栄養を蓄えて地下茎と冬芽を太らせ、秋に葉を落として越冬する。そして翌春、冬芽が萌え、咲き実る。役目を終えたその幹は、新たなシュートと入れ替わるように夏ごろには枯れる。つまり寿命としては1年余。
一般の範疇と思われる中でも、ブラックベリーやカジイチゴでは、夏に枯れずに再び結果母枝となる場合がある。その程度ならよくあるのだが、庭先のカジイチゴには4年にわたって生き続けたものがいた。2016年4月に記事にしているが、結局曾孫の代('18初夏)まで咲いて生った。

出たてのシュートは、赤い毛深い姿。伸びるにつれて薄くなり、翌年にはツルツルになっている。たいていはそのツルツルのまま生涯を終えるのだが、そこで生き延びたものは表皮が割れてくる。縦にヒビが入り、表面はめくれてくる。

 


Heavens-Aboveの
衛星データベースページ
人工衛星には通し番号が振られている。本体そのものの他に、打ち上げロケットの残滓、Iridium33やASTRO-H(ひとみ)のようなバラけた分離物など、観測できたものはすべて含む。
衛星カタログ番号などとも呼ばれるこれは、人類初の人工衛星スプートニク……を打ち上げたロケットに1番を振り、現在は45000を超えている。

国際衛星識別符号というものもある。こちらは打ち上げ年などがそのまま記述され、例えば今年打ち上げられたスターリンク1308は2020-019-BMとなる。
もちろん、STARLINK-130845419などと呼ぶこともできる。1997-051-ABM(イリジウム33の破片)のように、アルファベットが3文字になることもある。

僕らの生まれてくるずっとずっと前には月へ行っていたわけだが、それよりさらに10年も前に人工衛星は打ちあがっていた。じつはその頃の衛星が現在も回っている。
スプートニク(SPUTNIK 1/2/1957-001-B)はもう落ちたが、ヴァンガード1(VANGUARD 1/5/1958-002-B)、ヴァンガード2(VANGUARD 2/11/1959-001-A)あたりは残っている。通過予報を眺めてみると、ヴァンガード1は9等、同2が7等、またそれらの打ち上げロケットが8等、6等という。とりあえず、双眼鏡では見えそうだ。

 

4月になり、冬季閉鎖が解除された天竜スーパー林道。この日曜に、ゴールデンウィークへ向けての足慣らしも兼ねて、偵察に行ってきた。
左図、浜松市の林道情報によれば、林道・野鳥の森線(スーパー林道の北半分、山住峠~水窪ダム)はまだ通行止めらしい。

南半分の林道・天竜線(秋葉山参道~山住峠)の様子も見たかったので、東雲名の赤い橋を渡り、スーパー林道の南端から入る。
秋葉山ではサクラを眺めつつトイレを借り、食事処・一本杉跡は片付いていて鉄塔工事が終わったことを知る。左手に小ぶりな風力・太陽光発電所、右手にパラグライダー台など経過すると、やがて竜頭山が見えてくる。
登山口でもあるこの天竜の森・中央駐車場で、めでたく77777kmに到達した。車齢21歳5ヶ月。正月に登って凍えたり、ダイヤモンド富士やらスーパー・パール富士やら、思い出の多い山でもある。
比較的落ち着いている天竜線だが、ここから山住神社までの間は少々荒れ気味。でっかい水溜りがあったり、舗装が抉れたり。グレーチングが落ちているところもある。暗くなってからの走行では注意したい。

 

去る3月24日、早朝5時過ぎ。東海、関東など日本の腹のあたりで、スターリンク・トレイン(STARLINK train)が見られた。
これは3/18に打ち上げられた第6弾(名称は「Starlink 5」)のもの。

打ち上げ時刻は12:16(UTC)という今までにない時刻(Wikipedia)。しばらく日本からは見られず、5日あまり経っての対面となった。
適度にバラけ、高度は200km前半とまだ低く、天頂付近を通過する。薄明がキツめなので、眺めるには良いが撮影は難しい。高度200kmしかない衛星は、暗夜では光らないので仕方ない。
冒頭キャプチャのように、予報は1等級台後半。実際には、ベガ(0.0等)にやや劣るもデネブ(1.3等)よりは明るい、0.5等程度と見積もった。

 


モミジイチゴ#1Rubus palmatus
暖冬のせいか、キイチゴがイレギュラーに起動しはじめた。

2月半ばには、ビロードイチゴR. corchorifoliusの蕾が見え始めた。これは冬芽がほころんだ、と同義。
23日にはカジイチゴR. trifidusが開花。カジイチゴは、ときおりド早く咲き、そしてダラダラと続くので指標にはなりにくい。
このころにはコジキカジR. sumatranus × R. trifidus、トヨラクサイチゴF2#1R. × toyorensisら、ヒメカジイチゴR. × medius、クサイチゴR. hirsutusなどでも発蕾。いつも早いモミジイチゴ#2は、冬芽はほころぶも蕾は見えない。

3月に入り7日。ビロードイチゴが開花。モミジイチゴ#1も開花。

 


2/1 ベランダ手すりより採取(1)

2/1 ベランダ手すりより採取(2)
浜松市北区でも、スギ花粉が飛び始めた模様。

2010年2011年2013年にも記事にしているが、初めのものが一番見よいのはなんとも進歩がない。
今回は、とりあえず染まり具合は一番よい……気がする。色味など画像処理は何もしていない。

顕微鏡はVixen FM-1500。対物10×、接眼WF15×を使用。カメラはCASIO EX-10。f=112mm相当でのコリメート撮影。
接眼レンズにカメラレンズがぶつからないように、手で調整しながら撮っているので、視野は位置も大きさもまちまち。
視野のケラレはカメラ側のようで、絞りが入ると視野が多角形になる。いまいちコリメートの仕掛けが理解できていないので、撮影法の最適解が出せないでいる。

 


「あいうえお」が打てない……
Win7 Proでは「コンピューターの簡単操作センター」とかいう名前になっているらしい。「ユーティリティ マネージャ」ダイアログが勝手に出るようになってしまった。

移行記事でも書いているが、メーラはXPモード(Windows XP Mode)上のOE(Outlook Express)を使っている。
メールで「Utility」とか「ウザい」とか「うな重」とか「美味い」とか打とうとしても、ダイアログが出て書けない。IMEの設定を変えても、XPモードを直に立ち上げてもダメ。

ユーティリティ マネージャという名前から、XPモード上で起きているということは判る。
WinXPでこの現象が出ていないか検索してみると、そもそもこれは[Windows]+[U]で出るダイアログとのこと。「固定キー」機能が有効、もしくはキーボードが物理的に壊れていて、Windowsキーが押しっぱなしになっている状態であろう、という。

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ