since 2007.8 by K-ichi


ソシンロウバイ開花

ポンデローザと接いだレモン(右奥)
いよいよ年の瀬。鉢土が凍るようになり、ロウバイが咲き始める。
ポンデローザはうな垂れるほど生り、そこに接いだレモンも色づき始めている。

キイチゴの多くは冬芽を作り、あるものは芽吹き、あるものは実りの季節を迎えている。


フユイチゴ

混植状態のフユイチゴ
今年はフユイチゴRubus buergeriが豊作。

ミヤマフユイチゴR. hakonensisとオオフユイチゴR. pseudosieboldiiは鉢植えで確保し、裏山にいくらでもあるフユイチゴは鉢置き場の下草になっている。これらは絡み合い、鉢植えの一部は逸出しているが気にしない。

ミヤマフユイチゴは、今までもそれなりに生っていた。一方で、オオフユイチゴは結実したことがなかったが、今年は1つだけ実が着いていた。未熟果の時に気づけなかったのが残念。
10粒にも満たない貧相なもの。3種が渾然一体となっている状態なので、雑種化したものかもしれない。


調子のよさそうなハスノハイチゴ

まだ咲くファールゴールド

芽吹き始めたカジイチゴ
そのほかキイチゴの多くは冬芽を作り、葉を落としつつある。
クスノキの木陰で過ごしたハスノハイチゴR. peltatusは、昨冬より調子がよさそう。今年は開花は達せられたが、来年こそは結実を見たい。

ラズベリーR. idaeus ssp. idaeusたちは、落葉しつつも秋果シーズンをまだ引きずる。
ファールゴールドは咲き、インディアンサマーは暗赤色の小ぶりな実を残している。

例によって、カジイチゴR. trifidusは芽吹き始めているものがある。
ざっくり眺めると、どうも葉を早く落としたものは芽吹きが早いよう。日照だの気温だのではなく、葉があるかないかで芽吹きを決めているような気もする。


なお、今夏に芽生えたカジナワシロR. trifidus × R. parvifoliusは、やはりダメだった。
腰水で網戸養生下に置いたおかげか夏は越せたが、成長の兆しもなく、そのまま黒ずんで土に還ってしまった。
カジモミジ#1R. trifidus × R. palmatusF2は、いくらか生き残りがある。




【 和名、学名の出典等について 】
  • 標準和名や学名は、基本的に「YList」ページを採用する。
  • Ylistに掲載のないものは、 Wikipediaの「キイチゴ属」ページのものを使う。これには「※」を付す。
  • 交雑種は、種レベルの扱いがあり特に著名と判断したものはそれを使う。それ以外は独自名を付す。和名は両親から「イチゴ」を取った合成名、学名は両親を「×」でつないで連名とする。いずれも母体を先頭にする。
    • 例:カジイチゴR. trifidusを母体にコジキイチゴR. sumatranusの花粉を付けたもの → カジコジキR. trifidus × R. sumatranus
  • 雑種は、入手個体を「F1」とみなす。特に必要がなければ「F1」とは記載しない。その子は「F2」となる。たとえばファールゴールドの実生は、「ラズベリー・ファールゴールドF2」と記す。
  • 同種が複数株ある場合は、和名の後に番号を付す。従前1株だったものは、それを#1とする。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ