since 2007.8 by K-ichi


4/24 咲き揃ったシラン鉢植えら
鉢植えのシランが咲き揃った。

9日、やや小ぶりで控えめな口紅シランから始まり、僅かに遅れて無印と覆輪が続く。20日を過ぎて、ようやく白花も咲き始めた。
例年は軒並み4月下旬、口紅は5月に入ってからのこともある。白花が通常ペース、それ以外が今年は異様に早い。

2009年に8号鉢に植え、草むらの防波堤代わりに並べてある。
刈ればよさそうなものだが、逸出トヨラクサイチゴやらカラムシやらときにネナシカズラやら、なかなか根絶やしにするには忍びない連中の住処だったりする。


4/9 サラセニア実生に勝手生え
株の増殖力は、無印もしくは覆輪が強い印象。一方で、実生発生率が高いのは白花。
花後は放置なので、種はどんどん飛んでいく。ラン科なので、そこいらでぽこぽこ生えるものではない。が、この白花シランだけは別。
そもそもこの白花は、いつの間にかモミジイチゴの鉢にいた、出自不明な株だったりする。植替え時に、「ライトグリーンの透明感のある球根っぽいもの」があったので、捨てずにおいたら白いシランが咲いた、というもの。

サラセニアの方が先輩だが、もう肩を並べる。ちなみに左のハエトリソウの鉢のはネジバナ。
こちらもよく生えるが、それを凌駕する出現率。タカサゴユリに匹敵するかもしれない。


4/10 咲き始めた口紅シラン

割れ地点1

割れ地点2
栄養繁殖の覆輪、実生の白花。
口紅は大きさも花数も控えめでか弱い……と思ったら大間違い。

口紅シランは、8号プラ鉢(菊鉢)を真っ二つに裂こうとしている。7年も植えっぱなしなので、仕方ないといえば仕方ない。
覆輪は割れなし、白花は一箇所割れが入っている。口紅は対向する2箇所を裂き、いまにも割らん勢い。
ちなみに4年前にはまだ割れてなかった

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ