since 2007.8 by K-ichi


ダイソーのUSBハブに関する記事
りんご便りのページより)
すっかり姿を消していた、100均USBハブ。最近、ダイソーからまた売り出されたらしい。4ポート、USB2.0対応を謳いながら108円という破格。
ところがこれが、とんだバッタもんらしい。USB2.0対応だから繋ぐことはできるけど実際はUSB1.1ハブだったということで、掲示板ほか一部では騒ぎになっている。

じつは昨年夏、中華製USBハブを物色していた。
標準的な仕様は、USB2.0とか480Mbpsとかを謳う4ポートのもの。例によって、アマゾンeBayを彷徨っていた。

結果から言ってしまえば、中華廉価品のハブは、USB2.0を謳ったUSB1.1ハブ(フルスピードハブ)である模様。
分かってやったなら詐欺まがいの悪徳さだが、ダイソーもこの手のを掴まされたクチなのではないかと想像している。

100均のUSBハブとしては、かつてはセリアからも販売されていた。こちらは小型で2ポートしかないが、内部には4ポート分の回路が入っていた
それを知って駆けつけた2015年12月には、すでに店頭からは消えており、入手は叶わず。こちらは本物のハイスピードハブであるという記事が公開されている。


eBayにはいろんなUSBハブが並ぶ

人生は重き荷物を背負いて……

反転しているのが人型ハブ
その下流のが赤いハブ

eBayで検索すると、意匠を凝らした商品が並ぶ。USB2.0、High-speed、480Mbpsなどの文言が踊る。
USB Device Tree Viewer(窓の杜)で眺めると、USB2.0 HUBを謳ったフルスピードハブだということが判る。

ちなみにUSB1.1ハブとしては、特に問題なく使えている。耐久性も互換性も問題ない。
ただ、中国製品は総じて作りが雑。初期不良率は高い。不良品をつかまされたら、堂々と良品交換を申し出たい。もちろん返送料は向こう持ち。たいていは返品不要で返金となる。
製造不良のことが多いので、上手くガワを開けて再ハンダしてやれば直ることもある。


アマゾンの詐欺商品レビュー
USB2.0を謳いながらフルスピードというだけでも詐欺案件なのだが、本当の詐欺商品も出回っているらしい。

アマゾンにあるハブで、各ポート間を直結しただけ、というもの。外観はダイソーハブにそっくり。
レビューの分解写真を見ると、回路パターンだけを変更している。マスクはそのままなので、ICが載るはずだった場所は丸くぽっかり抜かれたまま。
アマゾンへ出品している糶取せどり屋が被ることになるんだろうが、さすがにこれは酷い。電源専用、など謳えば文句も出ないのだろうが。

eBayでも同じみかけの商品が並んでいる。写真も説明もコピペばかりで手がかりは掴めないが、「Splitter」と入っているのは直結の可能性がある……のかな、などと想像する。
人柱になる気はない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

【 コメント投稿について、管理人も戸惑う判りづらさなので解説メモ 】
・ 「公開」ボタンで、コメント投稿の意思表示をしたことになります。
・ 表示される「□ 私はロボットではありません」にチェックを入れてください。
・ その後9枚の画像が出てきますが、その上のテキストが隠れてしまっています。スクロール等で確認し、指示に従ってください。
・ グーグルの仕様なので、管理人の意思とは関係なく、突然に変更されるかもしれません。

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ