since 2007.8 by K-ichi

シリアルポートに接続するPICライタは、電源もポートから取る。またポートの電流制限機能を期待した作りにもなっている。そこで、シリアルポートの電流/電圧特性の実力値を調べてみた。

こちらに、PCや各種変換ケーブルでの実測結果とその考察がまとめられている。そこのグラフを拝借し、当方で使用しているDELL Dimension8200で調べた結果を重ねてみた。

TxDラインとGNDとの間に何種類かの抵抗を咬ませて、DMMで電圧を計測。これと抵抗値から電流を求める。TxDは'H'と'L'時の両方で計測し、負の値は正に直してグラフにプロットする。
使用した抵抗は、実測で99.9Ω、218Ω、466Ω、985Ω、2.15kΩ、4.61kΩ、9.95kΩ、47.2kΩの8種類のカーボン。

やや非力ながら、おおむね「一般的なデスクトップPC」相当であることが判った。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ