since 2007.8 by K-ichi

市販のベリー品種が咲き出した。ボイセンベリー(Rubus ursinus × R.idaeus ※)が25日ごろ、インディアンサマー(R. idaeus ※)が昨日、開花した。


ボイセンベリー

インディアンサマー
上向きの椀状の花を着けるボイセンベリー。これにはバラゾウムシがよく集まる。吸汁されると、その先が萎れ枯れてしまう。
今年も既に被害が出ており、くったりしている蕾や新芽がある。バラならいくら殺虫剤を撒いても構わないが、ベリーは口にするものだけに、あまり撒きたくはない。とはいえ食われては仕方ないので、野菜等には適用のある殺虫剤を局所的にかけておいた。

インディアンサマーは順調に咲いている。赤色の抜けたファールゴールド(R. idaeus ※)も、蕾がかなり出てきている。毎年、出だしは順調。

ブラックベリー系は、小さく蕾が見え始めた。ソーンフリー(R. fruticosus ※)もエバーグリーン(R. laciniatus ※)も似たような段階。
自生種では、エビガライチゴ(Rubus phoenicolasius)とバライチゴ(R. illecebrosus)が、小さく蕾をつけ始めた。ナワシロイチゴ(R. parvifolius)は蕾を盛大に出し、今週中には咲きそう。カジイチゴ(R. trifidus)やクマイチゴ(R. crataegifolius)、トヨラクサイチゴ(R. × toyorensis)F2あたりは、実の形が見えてきた。残念ながらモミジイチゴ(R. palmatus)は、虫が少なかったせいかほとんど結実しなかった。


ファールゴールド

ソーンフリー

エバーグリーン

エビガライチゴ

バライチゴ

ナワシロイチゴ

クマイチゴ



学名出典:

無印……YList
※……Wikipedia キイチゴ属
※※……文献無し

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ