since 2007.8 by K-ichi


(Caplio R2 270mm相当)
昨日、黄砂が見られた。

東海地方では、軒並み視程5km前後になった模様。浜松市北区でも、6kmほど先の風車が、確認が難しい状態。大きな影となって判りやすい山影ですら、10kmほどで空に溶け込んでしまう。

写真中央に、浜松風力発電所の1号機風車、その下に三嶽鉱山跡(立須下)のえぐれた岩場がうっすら見える。以前の記事に、うんと引いた写真がある。

昨年の襲来時はもっと酷かったが、時間的には短く、半日ほどでみるみる改善されていった。ところが今回は一日中変化せず。今日もまだ、近くの山まで白んでいる状態。何となく、気分までもやもやしてくる。


気象庁では、6時間ごとの黄砂予測をしている。
昨日正午ごろの予想図では、真っ赤な領域に入っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ