since 2007.8 by K-ichi


モミジイチゴ#1
今年のキイチゴ類は、開花時期の天候に恵まれたせいか、かなり実着きがいい。

モミジイチゴ#1R. palmatusがここまで生るのは初めてかもしれない。
比較的実着きのいい#3は、遅れ気味ながら順調に豊作。サイズも大きめ。雌蕊が無い花の多い#2にもちらほら生っている。
前記事の直後、3/16に#1、3/23に#3が開花。5/5ごろから熟し始めた。

雑種のカジモミジ#3R. trifidus × R. palmatusは、22日、#2はその翌日に熟した。開花はそれぞれ4/6、3/26。#2は熟すまで日がかかりすぎなので、見落としがあったかもしれない。
カジモミジ#3F2にも蕾は着いたが、咲かずに枯れ落ちてしまった。#3より全体に大振りだが、特徴は似る。

カジイチゴR. trifidusは、透明な黄色い果肉の中に、種子が紅点として見える。モミジイチゴはそれほど目立たない。モミジイチゴは、雌蕊の名残の毛が目立つが、カジイチゴは短くそれほどでもない。
雑種は、紅点も粒の毛もあまり目立たない。ただ、実入りが悪い(=粒が大きい)影響も考えられる。

#3の葉は、鋸歯が鋭い小さなカジイチゴ風。#2は、鋸歯の深い大ぶりモミジイチゴ風。
写真は、B5用紙、カジイチゴの標準的な葉、物差しを背景に、カジモミジの標準的な葉を並べたもの。上が結果枝、下が今年のシュートの葉。


カジモミジ#3

カジモミジ#2

モミジイチゴ#1

カジイチゴ

カジモミジ#3の葉

カジモミジ#2の葉

大実のトヨラクサイチゴF2#1R. × toyorensisも順調。3/30に開花、5/5に熟した。花は直径8cm。
#2はいつも実入りが悪いが、今年は不安定ながらそこそこの実が着いた。受粉がよく行われれば、ある程度は生るよう。親株は相変わらず生っても5粒ほどの歯抜けだが、数は多かった。

#1の子、トヨラF2#1F3にも実が着いた。大きさこそ#1よりやや劣るが、実着きはいい。この冬に8号に植え替えたばかりなので、まだ単純比較はできない。

大実のブラックベリーには、平均7.6gなどというものもあるらしい。ラズベリーは果托が抜けてしまうのでその分不利になるが、計ってみた。
比較対象の、モミジイチゴ#1は約0.82g、ヒメバライチゴは約1.5g。自生地の元気なやつに比べると小ぶり。対するトヨラF2は5.3g。小さめな実は4g切れるものもあるが、おおむね4g台はキープしていそう。
生り始めに鳥に食われたデカい実が惜しい。露地のカジイチゴだけでなく、今年は鉢物まで狙われ始めた。

使用のはかりは、A&DのHL-100。現行後継機は、HT-120になる。


トヨラF2#1の実

トヨラF2#1の実

モミジイチゴの実

ヒメバライチゴの実

トヨラF2#1開花時

食われたトヨラF2#1

トヨラF2#2


中央/下:キミノニガイチゴ、上/左:モミジイチゴ
右:ヒメバライチゴ、右上端:クマイチゴ
そのほかは、3/19カジイチゴ、3/24キミノニガイチゴR. microphyllus f. miyakei、3/28ヒメバライチゴ#1R. minusculus、3/29ニガイチゴ#1R. microphyllus、4/12クマイチゴR. crataegifolius、4/15ミヤマニガイチゴR. subcrataegifolius、4/22ボイセンベリーR. ursinus × R. idaeus ※)、4/24クロイチゴR. mesogaeus、4/25ラズベリーR. idaeus ssp. idaeus、5/4ハスノハイチゴR. peltatus、5/13エビガライチゴR. phoenicolasius、同日ブラックベリー・ソーンフリーR. fruticosus ※) 、5/19バライチゴR. illecebrosus、などと開花が続いた。

カジイチゴ、モミジイチゴ、ヒメバライチゴ、クマイチゴ、ニガイチゴ、キミノニガイチゴなどは熟した。
昨年は時期を逸したので、このタイミングで確認してきたが、自生地のキミノニガイチゴは虫害がひどく、今年もまともな結実を見られなかった。

雑種の特徴について、ざっくりまとめて表にしてみた。

名称受粉後の萼実の色新シュートの毛葉、備考
カジイチゴ白色。複数花まとめて上方に咲く。花弁は丸く、180°開き、しわくちゃ。無変化短い赤い毛が多い。大型種。無裂~7裂葉。
モミジイチゴ白色。通常1花ずつ、まれに小枝を伸ばし先の葉腋にもう1花。下向きに咲く。花弁は長めで中太り、しわのないものが多い。無変化無し。無裂~5裂モミジ様などの葉。鋸歯がかなり深いものもある。
ニガイチゴ白色。1~3花ずつ上向き開花。花数は株の性格による。花弁は長くやや先太り、しわのないものもある。閉じる無し。無裂~浅い3裂。若枝や葉裏に粉吹き感。
コジキイチゴ白色。複数花ずつ。しわ少なくしゃもじ形。雌蕊が楕円形に飛び出し目立つ。無変化長く赤い毛が非常に多い。1~4対の羽状複葉。かなりしなだれる。
ナワシロイチゴ桃色。複数花ずつ。花弁は開かない。しわなし。閉じる白い毛が多い。単葉か1~2対の羽状複葉。匍匐性。
クサイチゴ白色。1~複数花。花弁は180°開き、しわあり。無変化短い赤い毛が多い。単葉か1~2対の羽状複葉。
カジイチゴ×コジキイチゴ白色。雌蕊の盛り上がった、ややスマートなカジイチゴ。小枝を伸ばし時に枝分かれし、先に複数花。無変化赤い毛が多い。歯抜けで非常に実着き悪い。1対の羽状複葉。頂葉が3裂、側葉が2裂。最大7小葉になる。頂葉は3裂が過ぎて1対羽状に見えることもある。葉身細く、小葉どうし重ならない。
コジキイチゴ×カジイチゴ同上。無変化赤い毛が多い。歯抜けで実着き悪い。葉は同上。F2はコジキイチゴ様。
カジイチゴ×モミジイチゴ(トゲナシイチゴなど)白色。しわの多い、花弁の大ぶりなモミジイチゴ。小枝を伸ばし葉腋ごとに1花ずつ、複数花。無変化無し。少~多受粉せず~歯抜け。葉は株ごとの変化大きい。矮小種も発生。F2も雑種様。
モミジイチゴ×カジイチゴ採種できず。
【カジイチゴ×ニガイチゴ】(ヒメカジイチゴ)白色。しわの多い、花弁太めな大ぶりのニガイチゴ。小枝の先に1~3花。閉じる無し。実着き良。無裂~5裂葉。F2はニガイチゴ様。
【カジイチゴ×クサイチゴ】(トヨラクサイチゴ)白色。大振りなクサイチゴ。無変化多い。歯抜けで実着き悪い。葉は、3出もしくは1対羽状で、頂葉が3裂、基部小葉が2裂。F2も雑種。一部に実着きのいい株発生。
カジイチゴ×ナワシロイチゴ採種困難。発芽率も悪く、本葉2枚程度で枯死。
ナワシロイチゴ×カジイチゴ採種できず。
※ 交配親は、母×父の順。【】は一般的な説。()は一般的な呼称。ピンク背景は母種。


雑種はおおむね中間的な特徴になる。中間的のなかでも、カジモミジのように、株ごとの振れ幅の大きいものもある。
単葉のカジイチゴと羽状複葉の種が混じると、ブラックベリー系のような葉になる。ブラックベリーは頂葉は割れないが、雑種はここも3小葉に割れることがある。

優劣がありそうな部分もある。実の色は、あきらかに赤が優性、橙が劣性。受粉後の萼の動きは「閉鎖」が優性。毛の有無は「無し」が強そう。
雑種の子は、雑種のままの場合と、方親に戻る(寄る)場合とがある。確実に自家受粉させたものではないので、戻り交雑などで親に近くなった可能性も無くはないが、複数株で確認している。
ニガイチゴやコジキイチゴは戻るが、モミジイチゴは戻らない。クサイチゴも戻らなさそう。カジイチゴは様々な交雑親になりやすいが、子がカジイチゴに戻ることはない。




【 和名、学名の出典等について 】
  • 標準和名や学名は、基本的に「YList」ページを採用する。
  • Ylistに掲載のないものは、 Wikipediaの「キイチゴ属」ページのものを使う。これには「※」を付す。
  • 交雑種は、種レベルの扱いがあり特に著名と判断したものはそれを使う。それ以外は独自名を付す。和名は両親から「イチゴ」を取った合成名、学名は両親を「×」でつないで連名とする。いずれも母体を先頭にする。
    • 例:カジイチゴR. trifidusを母体にコジキイチゴR. sumatranusの花粉を付けたもの → カジコジキR. trifidus × R. sumatranus
  • 雑種は、入手個体を「F1」とみなす。特に必要がなければ「F1」とは記載しない。その子は「F2」となる。たとえばファールゴールドの実生は、「ラズベリー・ファールゴールドF2」と記す。
  • 同種が複数株ある場合は、和名の後に番号を付す。従前1株だったものは、それを#1とする。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ