since 2007.8 by K-ichi

半ば放置のクサイチゴの鉢に、奇妙な植物が生えてきた。
ネジバナのような小さな蕾が、固まってずらっと並んだようでもあり、胞子葉も連想させる。全体の大きさはネジバナと同じ程度。

葉は、全高の1/3ぐらいのところに1枚だけ。柄はなく、全縁。基部側に最大幅の部分があり、茎をやや巻くように流れている。葉脈は主脈すらはっきりせず、裏表ともにのっぺら。ユリやランなど単子葉のようでもあり、変幻自在なシダ類のようでもある。

あれこれ調べてみると、シダ植物のハナヤスリという仲間らしい。特徴からすると、コハナヤスリだろうか。各所でこの類は絶滅危惧種に指定されているようだ。同科には、ハナワラビ類が含まれる。

しかし、近所で見かけたことはないし、どこから胞子を飛ばしてきたのか……

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ