since 2007.8 by K-ichi


一昨日撮影、2回目の結実。
いつもよりやや多め(5号鉢に3g@2ヶ月程度)の施肥が効いたのか、今年のカラスビシャクはよく実る。

開花記事のものがひとつふたつ実り、その後あらたに咲いたものが、さらに大量に結実している。おおよそ、開花を見てひと月あまりで熟す。

毒々しい色のマムシグサ類とは違って、熟すと全体が黄色味を帯びる。タネを下にして全体が倒れていき、やがてポロポロと落ちていく。
マムシグサ類は、口にすると猛烈な刺激があるという。見た目穏やかなカラスビシャクも例外ではないらしい。ちなみに「夏半はんげ」という漢方薬の原料であり、適切な処理後、煎じて飲むとのこと。

例年通り、ムカゴもできている。これは葉柄のやや基部よりにでき、茎を割るようにして現れる。
サイズはタネより大きく1cm近い。タネ4~5粒に相当するイメージ。ただし、一箇所に一つしかできない。
これもタネ同様、やがて葉が枯れ倒れることで、ムカゴも地に下りる。

以下は1回目の結実(6月19日撮影)のころ。


ムカゴも付く。

熟すと頭を垂れる。

中身はあらかた落ちた後だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ