since 2007.8 by K-ichi

ちかごろ、マグニチュード6クラスの地震が続いている。9日の東海道南方沖に11日の駿河湾、そして先日13日には八丈島東方沖でも起きた。
八丈島の地震は、気象庁の地震情報では、震源の深さは40kmとなっているが、報道発表資料では57kmに訂正されている。その他情報からすると、フィリピン海プレートに潜った太平洋プレート内部で起こったものらしい。9日のものも同じプレートだが深さがまったく異なり、それぞれに、また東海地震とも直接の関連はないとの結論。

ちなみに今日は、石垣島近海でで連発した模様。



そんな中、日経新聞(16日朝刊)に、大規模な調査を開始する、という記事があった。(NIKKEI NET版の同記事
日米の研究機関や大学が組み、'10~'13にかけて南海トラフで掘削調査をするという。南海トラフは、ユーラシアプレートにフィリピン海プレートが沈み込んでいる部分。東海・東南海・南海地震に関わる、いわば巨大地震の巣。紀伊半島南東沖で、2枚のプレートを貫くように6~7kmの深さまで掘り、ひずみなどを直接調べるとのこと。
この調査に関わる海洋研究開発機構は、現在も同様の調査を進めている最中のようで、プレスリリースには、1.6km程度掘り取り調査した結果などが報告されている。

統合国際深海掘削計画(IODP)
 ・2008.2. 5 ステージ1終了
 ・2009.4.20 ステージ2など計画発表
 ・2009.6.26 ステージ2掘削開始速報
 ・2009.7.30 ステージ2掘削実施速報
 ・2009.8.17 ステージ2解析結果速報

2番目の「計画発表」からすると、日経の記事は「ステージ3」の話かもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ