since 2007.8 by K-ichi

昨夏7月22日の皆既日食では、浜松でも8割が欠けるはずだったが曇天。欠けていく最中に、ちらっと望めた程度だった。

今年は元日に部分月食、そしてその後の新月の今日、部分日食が起こる。
アフリカ西部からインドをかすめて中国へ至る金環食。その端っこが日本にもかかり、国立天文台暦計算室の予報によれば、わずか10分ながら1割程度欠けたまま沈む夕日が見られそう。
浜名湖ガーデンパーク北駐車場から眺めてみた。

欠け始める7分前。
所詮は夕日だし、寒波で雪雲フィルタもあるだろう、などと高をくくっていたのだが、相当まぶしい。CCDは大丈夫か、とドキドキしながら手早く撮影。
減光方法として、窓ガラス表面反射撮影、ピンホール撮影などを真剣に検討する。サングラスを持ってくればよかった。


欠け始め3分前。
まぶしさを心配していたら、雪雲が無用な気を使ってくれた。


欠け始め3分後あたり。狙ったように雪雲がかかる。
しかし下のほうは雲が薄く見える。日没間際にひと目拝めるかもしれない、と一縷の望みを託す。


17:00、そのまま日没。

共演は、浜名湖カントリークラブの風車。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ