since 2007.8 by K-ichi


発芽したコジキイチゴ
コジキイチゴ(Rubus sumatranus)が発芽していた。

初夏に採枝して、水挿し、団子挿し、いずれでも実ったコジキイチゴ。7月頭に、水挿しのものをあらためて挿し木するとともに、その傍に播いておいた。通常はきれいに果肉を取ってから播くが、今回は果実と等量程度の用土と合わせて揉み潰し、そのままばら撒いてみた。
当初から挿し木したうちの1本は育ったが、残りとここで挿したものは、既に枯れている。

早いものは、本葉が4~5枚というところ。10月中下旬には発芽していたと思われる。
カジイチゴはその年の内に、その他キイチゴ類は翌春に発芽するイメージを持っていたが、この出方からすると、気の早い一部が、というものでもなさそう。カジイチゴも、翌春まで出ないことはままあり、線引きがよく判らなくなった。


6月の4号似たコースで、9月30日にも台風(17号)が来た。岡崎あたりを通ったようで、風雨は強かった。4号ほど塩っ気は感じなかったが、何らかの影響はあったのかもしれない。

マンサク、ハナズオウは春、フウランは夏に咲くもの。先月ごろにマンサクが、今はハナズオウとフウランが、再び咲いている。


なぜかフウラン

なぜかマンサク

なぜかハナズオウ

これはシーズンのキンモクセイ

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ