since 2007.8 by K-ichi


11/22 開花したソーンフリー

実を着けたエバーグリーン
2日の日曜には、冷たい雨の中、ミカン切りをしてきた。3日には初霜。昨日の雨滴も凍っている。キンキンに冷え、富士山が近くに見える。そうかと思えば4日は、未明に激しい雷雨、午後には晴れ。今日も晴れたが、午後にはまた雲が出てきた。めまぐるしい。

そんな寒空の下で、ブラックベリー・ソーンフリー(Rubus fruticosus ※)が咲いている。通常は、ラズベリー群にやや遅れて初夏に咲き、盛夏のころ実る。今年もよく生った。
ブラックベリー・エバーグリーン(R. laciniatus ※)も実を着けている。こちらは11月初旬あたりにに咲いたと思われる。
今年はシュートも出しておらず、来年が少し心配。



フユイチゴ

紅葉中のニガイチゴ(奥)とヒメカジイチゴ

カジイチゴの冬芽

モミジイチゴの冬芽
ラズベリーの秋果がほぼ終わった一方で、フユイチゴ(R. buergeri)らは真っ赤な実をまだ着けている。ニガイチゴ(R. microphyllus)系は鮮やかに紅葉。モミジイチゴ(R. palmatus)ほか各種各々、冬芽を固めて本格的な到来に備えている。



コジキイチゴ実生
7月に実を潰して播いたコジキイチゴR. sumatranus)は、大きさ自体にはさほど変化はない。多少毛深くなり、複葉になりそうな長めの本葉が、コジキたるところを主張し始めている。

このひと月後に、果肉洗浄して播種した腰水のものは、1本だけ発芽を見た。



学名出典:

無印……YList
※……Wikipedia キイチゴ属
※※……文献無し

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ