since 2007.8 by K-ichi

昨日、富士山の世界文化遺産登録が決まった。懸案だった三保松原も、事前勧告を覆してのメンバー入り。正式な登録は26日に行われる。


鉄塔足元の右の白い塊が富士山(8:40ごろ)
梅雨前線にへたれ台風4号が加わった長雨が、ようやく明けた昨朝。抜群の透明度の向こうに、「ぬめっ」とした富士山が見えた。

この時期に、浜松から富士山が見えること自体珍しいのだが、どうやら笠雲をかぶっているらしい。頭部がすっぽり隠れるような、深皿のような形態。
これは! と思い、より良い撮影場所を求めて移動。しかしそのわずかの間に、にわかに湧き出したものにすっぽり包まれてしまった。

30分前には、いかにも笠雲らしい笠雲をまとった姿だったのだが……


6/22の富士山の様子@清水
確認のため、静岡県が運用するライブカメラの画像を借りて、AviUtlで紙芝居にしてみた。
世界遺産入りが決まった清水から、1時間ごとの撮影。4時から20時までの画像を使う。

8時過ぎには、つるんとした笠雲がかかっている。見間違いではなかった。
笠雲は、6時、19時にも見える。1時間として持たないようで、思いのほか変化が早い。


浜松市北区からのダイヤモンド富士(曇り)
一昨年、とりあえず達成したということと、望遠側の性能の限界が見えたことで、モチベーションが切れていた浜松市内から見るダイヤモンド富士
今年も予定していなかったが、何気に富士山ネタが湧いてきたことと、夏至前後には北区でも見られるということで、挑戦してみた。

撮影機材は、あいも変わらずDVS2500HD(720pムービー)とCaplioR2。
朝、見上げると天気は曇り。ただ、ごくわずかに切れ間もある。週間予報等を勘案すれば、今朝がおそらくラストチャンス。そのときに切れるのを祈るしかない。
現地に着くと、富士山は見えた。手前に重なる秋葉山もよく判る。ただ、雲が富士山の向こうにかかっている。

映像は、DVS2500HDで撮ったものの、「夜景モード」がオンになっているという大失態。ビギニングで感度を稼いでいるのか、富士山の形すら危ういピンボケ状態。
CaplioR2では、手持ちで連写していたので、これを1分あたり2枚程度選び、AviUtlで紙芝居様に作ってみた。
ちなみに手持ち連写では、1280×960ファインモードでも、20枚/分以上撮れた。かつてインターバルモードでこなせなかった理由が分からない。

当地の日の出時間は、4:33ごろ。撮影開始時点で、すでにその時間を迎えている。
日の出前は、茜色から黄金色に空の色が変わる。その瞬間が、本来の地平線に太陽が顔を出したときと思われる。

結局、肉眼ではダイヤモンド富士は見られなかった。日の出の瞬間が判らなかった。写真で見ると、4:46ごろに急激に光度が増しており、おそらくこのときに出たのだろう。
今年は、昨朝がベストコンディションだったのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ