since 2007.8 by K-ichi

自生の先陣に遅れること5日。我が家の鉢植えのモミジイチゴも咲きだした。

発蕾は早くはなかったが、開花はあまり差がなかった。朝は建物の陰、午後の後半は木の陰になるものの、おおむね日当たりは良好。その木のおかげで、遠州の空っ風の直撃は免れている。

モミジイチゴ雌蕊なし
モミジイチゴ雌蕊あり
数年育成し、毎年咲くのだが、全く実が生らない。よく観察すると、雌蕊が育っていないよう。
自生株の花を見ると、オレンジともピンクとも見える雌蕊が、中央にもっそり突き出ている。栽培は「種の維持」を第一にしているので「水と太陽でガンバレ」が基本なのだが、去年からは肥料をやることにした。

8号菊鉢で、10-10-10の緩効性化成肥料を10数粒。2ヶ月に1度程度施す。肥料の説明書きからすれば半分にも満たない量だが、バラの例もあり効果はあるとみた。

右の写真、上が雌蕊の育ってない花。終盤で雄蕊が開いているが、その中央はがらんどう。
下はまだ咲き始めだが、雌蕊がよく育ち中央に突き出して見える。

細葉モミジイチゴ 一番の古株。

魚の骨状の細い葉に惹かれて吸枝を一本もらってきたもの。栄養がよくなっても、やはり骨状。
根が回ってしまったせいか、絶好調とまでは言えないものの順調。毎年、片手以上の新芽を出し、咲いてくれる。

花弁は短め。雌蕊は育っている花もそこそこあった。

丸弁モミジイチゴ
丸弁モミジイチゴ
立須~滝沢展望台間の道路脇に生えていた丸弁株。

枝葉も含め全体に伸びがないタイプで、そのためあまり枝垂れない。花弁も短く丸っこい。ややすぼまり、ふくよかな花弁をもてあまし気味に重ねあわせて咲く。
この株が一番雌蕊が育った。期待できるかもしれない。

細弁モミジイチゴ こちらは別の林道にあった細弁株。
ゆったり伸び伸び育ち、よく枝垂れ、花弁も尖って細身。しなやかな美人風だが、育ちが悪いと貧相に見えやすい。
ミツバチの類が早速訪れていた。雌蕊は育たなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ