since 2007.8 by K-ichi

竜頭山登山口 珍しく平日に休みが取れたので、久々に天竜スーパー林道へ行ってみた。 最もポピュラーでありながら登ってなかった竜頭山りゅうとうざんへ。中央駐車場、もしくはその南の避難小屋(1255m)から登る人が多いようだが、さらに南にある登山口から竜頭山の南尾根沿いに登ってみる。標高約1180m、案内板には展望台まで860mとある。
ちなみに開放はされていないが、避難小屋から頂上まで舗装路も作られているらしい。

岩場 木漏れ日 巨大切り株 急なところは階段が整備されており、岩場もたいしたことはない。サンデーハイカーでも気楽に楽しめるレベル。
途中、2m近い苔むした巨大切り株に出会う。もったいない。

平和口からと合流の手前 平和口からと合流を振り返る 15分ほどで、右手に脇道が現れる。
左上に登ったところで、平和・大輪から登ってきた道(山男専用)に合流。

岩場1 岩場2 岩場3 すぐに「巨石群」に突入。大きな岩だらけだが、道はしっかりとついている。

平和口を望む 雲の中 さらに15分あまりで、西に眺望がある。岩が突き出たところで、木々は生い茂っているものの落ちれば奈落。標高1250m付近。
眼下に平和登山口あたりが見える。中央白いS字が水窪川終点の大井橋あたり。その少し手前側から、山や尾根を登って、先ほどの合流へ着く。

山々が連なり、北西遠くには高そうな山並みも見える。
一息ついていると、10分そこそこで景色は雲の中。天竜川の水蒸気が山脈越えの東風に巻き上げられて、もうもうと音が聞こえそうな勢いで雲になっていく。そんな中でもツバメが飛び交う。

東屋 10分ほどで東屋に到着。標高は山頂とほぼ同じ。
北以外の3方眺望良し。景色案内看板もある。南アルプスや富士山も見えるようだが、判別できず。掛かっていた温度計は25℃。風がすがすがしく、汗も引く。

竜頭山頂上広場 石畳 歩道1 歩道2 舗装路 石畳を下り再びゆるく登って、数分で山頂の広場へ着く。標高1351.6m。三角点、案内板、ベンチなどがある。広いが眺望はない。隣に無線塔施設がある。
周辺一帯は、ベンチ、テーブル、歩道、各種案内板……トイレ、水道はないものの整備が行き届いて至れり尽くせり。竜頭山山頂公園な風。

ちなみにここの二等三角点は、岩と一体化していた。2005年の状態とは様子が異なる。最近の「公園」整備でいじられたのだろうか。

登り40分、下り20分。帽子と飲料は必須だが、真夏でも比較的爽やかに楽しめる。
ちなみにこの日の佐久間(標高150m)の気温は32℃。一般に100mあたり0.7℃差というので、標高差1200mでは8.4℃の計算。東屋の25℃におおむね合う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ