since 2007.8 by K-ichi

すべて終わった。

2008.12.13@立須 かつては立須から見え、今年は北に移動して、陣座峠や秋葉山あたりから見られるハズだったパール富士。しかも今日は、夕暮れの富士山から皆既月食中の月が昇ってくるという、とてつもなくレアな日だった。朝方は日も差していたのだが、昼ごろにはすっかり曇り。今は雨が降っている。そして明日には回復するらしい。

10/26は19:04、翌27は20:00、11/23は17:55、12/21は16:41。月が丸くなるべく北にある条件を探すとこのあたりだったが、すべて見られず。まったくもってツイてない。

・   ・   ・   ・   ・

2010.11.23@秋葉山 2010.12.21@秋葉山 カシミール3Dというフリーソフトで、山並みの眺望のほか、太陽や月も計算して描画できるということを聞いていた。1年ほど前に導入し、ぼちぼち使いはじめていたが、それなりの下準備も必要だった。思い出しながら記述する。

カシミール3D本体をダウンロード、インストールした状態では、2Dでしか使えない。3Dにするためには標高データが必要。カシミール自体のヘルプには、標高データへのリンクはない。カシミールのWebサイトでは、有料データベースなどの紹介がたくさんあるが、国土地理院による標高データをネットからもらえば、無料で使うことができる。
導入方法については、ホームページの大量のバナーを眺めながらページを下っていき、左カラムの、カシミール使える地図一覧基盤地図情報(標高)、または資料基盤地図情報(標高)などを参考にする。

実はここからがちょっと面倒くさい。
この国土地理院の「基盤地図情報・数値標高モデル」は、かなりボリュームがある。たとえば現在の標準データである10mメッシュで、都道府県区切りで全国分を得ると、山別データのzipファイルが、96ファイル64MB、展開すると96ファイル、0.75GB。都道府県別データは467ファイル5.8GBが、展開すると4430ファイル、53GBとなる。ちなみに北方4島は250mメッシュの大雑把なデータしかなく、上記データとはシームレスにアクセスできないようなので、特別に必要でなければ入れなくていい。
Pen4 1.8GHzマシンで、展開するだけで1時間。さらにこれらをカシミールで使えるxem形式に変換(カシミールにD&D)すると1.4GBになり、これに4時間あまりかかった。

国土地理院のダウンロードサイトでは、ダウンロード候補リストを選択した時点で、おおよそのデータ量が表示される。全国分すべてを選択すると16.8GBというサイズになるが、実際には重複分があるためか3倍近い「誤差」のある数字になっている。

この標高データは、解説ページにあるとおり、一括ダウンロードができない。一気に大量のファイルをダウンロードしようとすると、ある程度のところで止まってしまう。ファイル数制限があるのか、突然反応しなくなるので、おおむね5県程度ごとに落とすのが無難のよう。終わったらIEを立ち上げなおして、を繰り返す。またWinXPでは、同時コネクションが2となっているらしい。レジストリを変更すれば10だか16だかまで増やすことができるので、バックで10数個落としながら他の作業をして、という形でなんとか終えた。これら全てこなすには、半日ないし一日がかりなので、CD-ROMを購入した方がいいかもしれない。ちなみに今再びググってみたところ、もっとかなり大きく解除できるツールなどもあるらしい。

そんなこんなで導入を終えたカシミール3Dを使って、今年見られたであろうパール富士と、立須で見えたかつての状況を再現してみた。
立須で見えたときは、実際にはかなりすそ野から登っており、映像化したものはちょっと違う気もする。手持ち撮影で角度も位置も一致してない画像からでは、完全な再現は難しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ