since 2007.8 by K-ichi

速いような長いような、今年もこれで最終。
猛烈に暑い夏、短い秋を経て寒い冬。猛暑厳寒の厳しい変化には地球の警鐘だと言い、冷夏暖冬では異常気象だと言う。さじ加減はなかなか難しい。とりあえず今年は、台風は少なかった。
撮影は19日。

エビガライチゴ(Rubus phoenicolasius

紅葉したエビガライチゴ エビガライチゴの冬芽 いい具合に紅葉したエビガライチゴ。霜がよく降りるようになってから、ぐっと色づいてきた。


カジイチゴ(R. trifidus

カジイチゴ カジイチゴ冬芽 さすがのカジイチゴも冬芽の準備を始めた模様。露地植え日当たり良好風当たり弱し、環境が厳しくないせいか紅葉はあまりしない。


クサイチゴ(R. hirsutus

クサイチゴ 日当たりは悪いが風もほとんど当たらない。徒長気味ながら青々としている。


クマイチゴ(R. crataegifolius

クマイチゴ黄葉 クマイチゴ冬芽 クマイチゴは小汚く黄葉。冬芽はしっかり。
天竜スーパー林道でトゲのないクマイチゴを見つけたが、栽培してみると結局トゲだらけになった。木陰で柔に育っていただけらしい。


コジキイチゴ(R. sumatranus

コジキイチゴ コジキイチゴは芽が吹いてしまっている。
これから来る寒波で、また葉を凍らせて痛めるのに。


ナワシロイチゴ(R. parvifolius

ナワシロイチゴ ナワシロイチゴ冬芽 このあたりの雑木(エノキ、ムクノキ)が大きくなり日が当たりにくくなってきている。競っていたススキはすっかりおとなしくなり、ナワシロイチゴも一時の勢いがなくなってきている。代わりに目立ってきたのが、ヒガンバナとテイカカズラ。
移植するまでもなく、すでにあちこちに生えている。ここは5年と持たないかもしれない。


ニガイチゴ(R. microphyllus

ニガイチゴ紅葉 ニガイチゴ冬芽 ニガイチゴは、普通に育てればきれいに紅葉する。写真は悪い例。
白粉をした枝に真っ赤な冬芽。トゲが猛烈だが眺めても楽しめる。


バライチゴ(R. illecebrosus

バライチゴ バライチゴは去年とあまり変わらない様子。基本的に、枝を残して冬芽で越す、というスタイルではないのかもしれない。カタバミに埋もれた下部では、まだ緑色の茎を残している。
天然の開花結実冬越しを見たことがないので判らないが。


ヒメバライチゴ(R. minusculus

ヒメバライチゴ ヒメバライチゴ冬芽 ヒメバライチゴは多少紅葉。冬芽と思ったものは芽吹いてきている。


フユイチゴ(R. buergeri

フユイチゴの実 下草のフユイチゴ。秋から熟しはじめ生るのは生っていたが、ここにきて周辺の草が枯れてきたために、赤い実がとても目立っている。
緑の葉に真っ赤な実、ちょっと雪でも乗っかれば画になる。


モミジイチゴ(R. palmatus

モミジイチゴ モミジイチゴ冬芽 モミジイチゴは、あまり紅葉しないまま、さっさと葉を落とす。半分程度散ったところ。
真っ赤でぷっくり太った冬芽が育っている。


雑種:カジコジキ(R. trifidus × R.sumatranus ※※)

カジコジキ カジコジキ冬芽 カジコジキは、コガネ子により一鉢死滅。黄葉を始めた株もある。


雑種:コジキカジ(R. sumatranus × R.trifidus ※※)

コジキカジ コジキカジ冬芽 コジキカジは、相変わらずカジコジキより大きめ。


雑種:カジモミジ(R. trifidus × R.palmatus ※※)

カジモミジ カジモミジ(小葉) カジモミジ冬芽 カジモミジは紅葉。上手く育てれば鑑賞に耐えうるかもしれない。冬芽もしっかり。
小葉の方は、オレンジの縁取りになるだけで、あまり色づかない。多少成長したようにも見える。


雑種:トヨラクサイチゴ(R. × toyorensis

トヨラクサイチゴ トヨラクサイチゴ冬芽 トヨラクサイチゴも紅葉しかけ。
風の当たる自生地では、かなり赤くなっているのを見たことがある。


雑種:ヒメカジイチゴ(R. × medius

ヒメカジイチゴ ヒメカジイチゴはよく紅葉する。うっすら白む枝もあり、ニガイチゴの影響を思わせる。
カジイチゴとニガイチゴやモミジイチゴとの組み合わせは、相性がいいのかもしれない。


ブラックベリー・エバーグリーン(R. laciniatus ※)

エバーグリーン エバーグリーン冬芽 エバーグリーンは、多少色づきつつも濃い緑を維持している。その一方で、冬芽もしっかり。


ブラックベリー・ソーンフリー(R. fruticosus ※)

ソーンフリー ソーンフリー冬芽 もう一つのブラックベリーも色づき始め。


ボイセンベリー(R. ursinus × R.idaeus ※)

ボイセンベリー ボイセンベリー ボイセンは、四方八方に脱出しかけていたのをまとめたため、よく解らない状態。冬芽はしっかりできている。


ラズベリー・インディアンサマー(R. idaeus ※)

インディアンサマー インディアンサマー冬芽 ラズベリーも紅葉し始め。頂部には秋果のミイラ。


ラズベリー・ファールゴールド(R. idaeus ※)

ファールゴールド ファールゴーウド冬芽 ファールゴールドは、赤い色素を持たないせいか、黄葉しはじめ。
相変わらずの元気のなさ。



学名出典:

無印……YList
※……Wikipedia キイチゴ属
※※……文献無し

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ