since 2007.8 by K-ichi


ひと月前のインディアンサマー
ラズベリー・インディアンサマー(Rubus idaeus ssp. idaeus)の秋果が終了した。収穫目的ではないのであまり施肥はしていないが、8号鉢2本立て10数粒、といった程度。
あまり元気のいい姿ではないが、生るときはしっかり生ってくれる。ファールゴールドは生らず。

ラズベリーは香りが独特で強い。量はないので、生りつづけるワイルドストロベリー(Fragaria sp.)と一緒に、溜まったところでジャムにでも、と考えている。



下草のフユイチゴ
ひと月前あたりから熟し始めたフユイチゴ(R. buergeri)も、今が盛り。

鉢置き場の整理のために下草もかなり整理してしまったが、残ったところがしっかり実っている。日当たりと水気が十分にあるここは、居心地がいいのだろう。



モミジイチゴ(キレハ)冬芽

ハスノハイチゴ
モミジイチゴ(R. palmatus)などには、真っ赤でぷっくりとした冬芽。

8月末に植え、9月末には小さな新芽が見えたハスノハイチゴ(R. peltatus。いま茂っているものが、そのときの新芽で、もとあった株と入れ替わってしまった。思いのほか成長が早い。来春の花も期待できるかもしれない。
ミヤマニガイチゴ(R. subcrataegifolius)もハスノハイチゴも、葉の縁がやや黄ばんでいる。比較的冷涼な地の産なので、葉焼け気味なのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ