since 2007.8 by K-ichi

去年一昨年も食べられたハツタケの炊き込みご飯。そこそこ採れてちゃんと美味い。今年も当然狙っていたのだが、どうやら断念せざるを得ないようだ。


ハツタケ、ウマ~
麻布山のマイタケも外したが、いつも生えるチチアワタケやこのハツタケも、今年は不作らしい。やっと生えたと思ったら先客がすでにいた。

こんなに全身全霊を込めて食っている姿を見せられては、譲るしかあるまい。


市販のマイタケなら1パック100円。シイタケもブナシメジもエリンギもエノキタケも安価に手に入る。あれこれぶっ込んで炊いてしまえば、簡単に美味しいキノコご飯ができるが、ちょっと癪。野菜庫を覗くと、奥にはもらい物の太いゴボウが鎮座。なんとなくゴボウの香りが恋しくなったので、今年はシンプルなゴボウ飯にした。

材料は、米、ゴボウ、油揚げ、酒、塩。とりあえず4合炊いた。
4合に対して、ゴボウ2掴み、油揚げ1枚、酒大さじ4、塩小さじ2.5程度。

ゴボウはたわしで洗う。皮は剥いたり削いだりしない。亀の子でゴシゴシ洗うだけ。4cm長程度の短冊若しくは大振りのささがきにする。ざっくり2掴みぐらいの分量を作る。
油揚げも同じくらいの大きさに切る。ご飯は油分を追加して炊くと冷めても食べやすい。1~2合に小さじ1程度の、サラダ油やオリーブ油を追加すると良い。油揚げはこの代役の意味も兼ねたつもりだが、分量的に効果は薄いかもしれない。
酒、塩は好みで加減する。全部の材料を入れたら、炊き込みモードで炊飯。小一時間で香り高い素朴なゴボウ飯にありつけた。
ネットを浚うと、鶏肉や昆布、キノコなどを入れるレシピが多い。味を深めるにはそれもいいが、ゴボウの香りで食う飯もまた良い。

しかし、ハツタケ食いたかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ