since 2007.8 by K-ichi

Googleマップには、ストリートビューという、実際のそこの風景を見る機能がある。かつてはオレンジの「ひとがた」を貼り付ける手間があった気がするが、今ではマウスのホイールで拡大していけば、自動的に切り替わる。
大都市部はだいぶ前からあり、電子パーツ街あたりは眺めていた。いまでは、お隣の歓楽街・清涼里(청량리)とか、種子島宇宙センターの比較的中の方とかも見られる。
浜松にもGoogleカーが来ていたらしい。撮影日時は、昨年の5~6月となっている。

とりあえず、浜松およびその近隣の風車を並べてみた。
GoogleマップへのリンクURLや埋め込みタグは、左上の三角→鎖アイコンで得られる。


滝沢展望台と浜松風力発電所7号機 (Google Maps

いなさゴルフ倶楽部 浜松コース (Google Maps

浜名湖カントリークラブ (Google Maps

スズキ 湖西工場 (Google Maps

磐田ウィンドファーム (Google Maps

ロック・フィールド静岡ファクトリーパーク (Google Maps

浜松風力発電所の全景 (Google Maps

舗装さえしてあれば、かなりのセコ道まで入り込んだりしているが、山間部では途中で引き返してしまうこともある。
たとえば滝沢展望台の先は無い。7号機以降の足元には行けない。逆方向には、4号機の西あたりで途切れ、さらに進もうとすると遥かかなたの道へ飛ばされる。


もっとずっと北のほうはどうか、訪ねてみた。

天竜スーパー林道は、すべて舗装されている。試してみると、全線走破はしてないものの、秋葉山天竜の森山住神社カモシカ館野鳥の森など、主だった場所には行っているよう。
野鳥の森の北の果て、ウグイスの門と、麻布山登山口のある広場。ここから水窪ダムまでは、例の崩壊によってまだ通れない。Googleカーは、そこまで行っていた。


まもなく麻布山登山口 (Google Maps

「さぁ、仕事っ!」

「ぉ?」

「なんでぇ、朝っぱらから。」「ん?」「なんだ?」

ガン見

まだガン見

怖いのでちょっと大回り……

まだ見てる……

足、動いてないよ

「やぃ、通れゃへんのになぁ……。」

……。

水窪市街の入り口の、例のつり橋もまだ健在。
スーパー林道の北端の水窪ダムや、綱引きをするヒョー越峠などには行ってない模様。


水窪市街入り口の、落ちる8ヶ月前のつり橋 (Google Maps

三遠南信道になり損ねた「草木トンネル」の手前 (Google Maps

ちなみに現在の撮影状況は、「ストリートビューを利用できる場所」ページにまとめられてある。



Moby Gamesより。中央の浮遊する赤い円形物が「GOLAN」
Googleカーは、ルーフの上にカメラを載せて自動撮影していると聞く。ググってみると、「成田ナンバーのプリウス」がやたらとかかる。
カーブミラー等で「自画像」を探してみると、どうも雰囲気が違う。あれこれ探ってみると、どうも型落ちのインプレッサらしい(Wikipedia)。

頭上カメラは、最近は球形のコンパクトなものになっている。北区などに来たものは、「ゴラン」を載せていた。ゴランはTHEXDERの敵のひとつで、色といい形といい、MSX版のそれにまさに瓜二つ。
Googleゴランには青バージョンもあるらしく、中区や北区南部、三ケ日高校あたりには、青ゴランのインプが来ている。水窪市街は赤ゴランで、スーパー林道は青ゴラン。撮影月も関係なさそう。使い分けはよく解らない。


赤ゴランタイプ@北区細江町

青ゴランタイプ@北区三方原町

Googleストリートビューカーの鮮明な画像は、「世界びっくりカーチェイス」にある。やはり成田ナンバーらしい。
THEXDERについては、「テグザー100の秘密」なる興味深い読み物もある。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ずいぶんと遅かったですね。

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ