since 2007.8 by K-ichi


5/31 コジキカジF2
モミジイチゴRubus palmatusに始まり、ボイセンベリーR. ursinus × R. idaeus ※)やインディアンサマーR. idaeus ssp. idaeusなど栽培種も挟みつつ、ラズベリー系はひと段落。いまはブラックベリー系が盛りになっている。ただ、今年はカメムシ被害が多い。
フユイチゴ類は咲き始めた。ミヤマフユイチゴR. hakonensisは穂状に蕾を出し、オオフユイチゴR. pseudosieboldiiは咲き始めた。

写真は、コジキイチゴ様のコジキカジF2R. sumatranus × R. trifidus

ブラックベリーは、やや蔓性で、挿し木のほか蔓伏せも可能とされる。現に手元のソーンフリーR. fruticosus ※)は、枝をもらって挿したもの。
ちょうど1年ほど前、シュートがえらく伸びてしまったので、剪定がてら地面に挿しておいた。かなり長かったので、ループ状にし、下穴もあけずに地面へぶすっと。土質は黒土。管理は、水やりのみ。
挿し木と蔓伏せを同時に行ったような状態。手荒にやっつけたが、葉は落ちず、冬芽もでき、今春には芽吹いた。


6/8 展開した冬芽は4つ
右が挿し口、奥が根側

6/28 シュート発見
芽が枯れ始める

7/8 シュート育つ
3つ目の芽も枯れそう

7/17 シュートのアップ
3つ目付近の幹まで枯れこんできている

完全に着いたのかと思ったが、芽は伸びず。6月に入ると根側が変色してきた。さらに様子を見ると、せっかく芽吹いた芽が、根側から順に枯れていく。
枝先側が生き残っており、おそらくシュートもそこから出ていると思われる。挿した枝は結果母枝相当となり、冬芽を展開したことで役割を終えた、ということか。

挿し木より蔓伏せのほうが、発根しやすいのかもしれない。現在シュートは約20cm。



5/4 ハスノハイチゴ
'11採取のハスノハイチゴR. peltatusは、ようやく咲いた。
訳あって'13年初に株分けしたので、今春が前年春夏から1年あまり根をいじらないで通せた初めての春。

日当たりがよすぎると、傷んで枯れてしまうので、昨年からはクスノキの下に置いている
蕾は5個で、ゴールデンウィークの終わりごろに開花。ただ、まともな大きさのものは2つのみ。いずれも雌蕊がなかった。
残り3つは、小さく、雌蕊が目立つだけの奇形花だった。



唯一発芽したカジナワシロ
何度かトライしているカジナワシロR. trifidus × R. parvifoliusは、今年もダメっぽい。

60粒播いて、出たのはひとつ。
一昨年は直射に当てたすぐ後に枯れたので、今年は腰水ボックスに入れたままにしておいた。鉢底2~3cmの腰水で、半日陰。さらに網戸も被せてあり、高温直射から保護したつもり。

前回より本葉の数は少し増えたようだが、大きさは大差なく。結局、成長が止まって頭から枯れてきてしまった。一葉が残るのみで、今月中も持たない雰囲気。
這い性と立ち性、赤花と白花、閉じ気味と開けっぴろげ。この掛け合わせには興味深い点が多数あったが、普通に育てるのは無理なよう。

もっとも、そもそも雑種を手がけ始めたのは、野にあるのに図鑑に載ってない「種」を確保したい、ということだった。カジ×ナワシロという雑種は通常存在しない、という結論を得たのもひとつの収穫。



カジモミジ#1F2
カジモミジR. trifidus × R. palmatusを作った当初は、花粉を着けて実らせる、ということしかしなかった。そのせいか、カジモミジの中には、ヒメカジイチゴ様の株も出てきてしまった。
ヒメカジイチゴF2はニガイチゴ様になる。カジモミジF2はカジモミジ様になる。カジモミジ#1が、ヒメカジ似のカジモミジなのか、ヒメカジイチゴR. × mediusなのかを確認するため、カジモミジ#1F2を試してみた。

カジナワシロと一緒に腰水ボックスに入れたままだったので、やや軟弱な雰囲気。いくつかは葉柄が赤い。現状では葉から種を判別するのは難しい。
3裂の深いのは、ニガイチゴR. microphyllusのシュート似なのか。複葉にも見えるが、そうだとするとまた解釈が厄介になる。

今後は徐々に日に当て、推移を見守るつもり。




【 和名、学名の出典等について 】
  • 標準和名や学名は、基本的に「YList」ページを採用する。
  • Ylistに掲載のないものは、 Wikipediaの「キイチゴ属」ページのものを使う。これには「※」を付す。
  • 交雑種は、種レベルの扱いがあり特に著名と判断したものはそれを使う。それ以外は独自名を付す。和名は両親から「イチゴ」を取った合成名、学名は両親を「×」でつないで連名とする。いずれも母体を先頭にする。
    • 例:カジイチゴR. trifidusを母体にコジキイチゴR. sumatranusの花粉を付けたもの → カジコジキR. trifidus × R. sumatranus
  • 雑種は、入手個体を「F1」とみなす。特に必要がなければ「F1」とは記載しない。その子は「F2」となる。たとえばファールゴールドの実生は、「ラズベリー・ファールゴールドF2」と記す。
  • 同種が複数株ある場合は、和名の後に番号を付す。従前1株だったものは、それを#1とする。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ