since 2007.8 by K-ichi


日経新聞2014/7/10朝刊38面
10日の日経新聞、朝刊38面に、iPS技術の応用でガン幹細胞を作成した、という記事があった。
神戸大プレスリリースPDF/神戸大学ニュース/iPS細胞研究所ニュース/Google検索

神戸大の青井貴之氏と京大iPS細胞研究所は、大腸ガン細胞からガン幹細胞を作り出した。
大腸ガン細胞にiPS細胞作成に使う3つの遺伝子を導入、通常どおり培養したところガン幹細胞になった。ガン幹細胞に特有の遺伝子を持っており、マウスでの腫瘍発生も確認した。
今後、他のガン細胞からも作成できるか調べる。

ガン幹細胞は、ガンの親玉といわれる。薬が効きにくく、再発や転移の元とされる。ガン治療の本命。
ただこの細胞は、数が多くないために研究が進んでいなかった。今回、容易に大量に得る手段が確立されたことで、ガン治療が革新的に進歩することが期待される。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ