since 2007.8 by K-ichi

CS2のMTVチャンネル(323ch)で、韓国のゴールデンディスク賞(골든디스크상)というものを無料放送していた。なにやらいろいろ部門賞があるようで、少女時代(소녀시대)もたくさん受賞していた。結局、大賞も取った模様。
日本では、KARA(카라)か少女時代か、という感覚だが、KARAは掠りもしていなかった。向こうでは格が違うらしい。
受賞コメントで、やたらとそして真っ先に裏方に礼を言うのも気になった。スタッフならともかく、社長だの会社だのはどうでもいいだろう。日本なら、まずファンに、そしてスタッフや家族にも、という感じだが、あちらでは全く逆。
対人への呼びかけも相対年齢で厳密に分け、社会では必ず肩書きをつけるとか。儒教思想というやつだろうか。

そんな中で聞き惚れたのがIU(아이유)という人。なんともいい声をしている。おまけにキュートで、まさに正統派アイドルといった風。番組では、チョ・ムングン(조 문근)と「小言(잔소리)」を歌っていた。Wikipediaによれば、本来は2AMメンバーとのデュエット曲で、彼女はこれでブレイクしたという。また、3段ブースターも有名なのだとか。ちょっと無理をしてる感もあるが。

この人も、Geeのアコースティックバージョンを歌っていた。他の番組の中でも披露している。

以前取り上げた、Vanilla Acoustic版や少女時代自身によるアレンジ版のほかにも、SuperJunior윤하によるバージョンがある。
カバーが普通に行われる文化なのか、Geeがあまりにもヒットしたためなのか、そのへんはよく判らないが、ともかくかなりの知名度の曲ではあるよう。


아이유ブレイクのきっかけの相方、2AMも聞かせる。曲名の「죽어도 못보내」は「死んでも離さない」という意味。
言葉は何を言ってるのかサッパリ。歌う姿もほとんど直立不動で面白味はない。でも、いい曲いい声いいハーモニーは心に響く。

歌詞の翻訳をしているサイトも、数多くある。kozueさんの他にも、jsbreeze Boss&イオかりんおかりんhiromiみのこcomaあっとぅんい、……etc.
それぞれに微妙に異なっている。直訳に拘るか意訳で雰囲気を優先するか、という違いだろうか。


トリにはBoAが出ていた。久々に見た感があるが、韓国でも久々らしい。
痩せすぎてやつれて見えたのは化粧のせいか……

1 件のコメント:

K-ichi さんのコメント...

サイトの宣伝っぽいので削除しました。

コメントを投稿

※ コメントは管理者の確認後に表示されます

関連記事


この記事へのリンク by 関連記事、被リンク記事をリストアップする」記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログ アーカイブ